リプラ スタッフブログ

地域密着を大切に!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福祉住環境サミット at 大阪大学 に参加してきました!!

 

 

こんにちは!けあねんの山﨑です!

 

 

3/29福祉住環境サミットというイベントに出席してきました!以下案内です↓↓↓

 

全部で6分科会あって、それぞれが1時間ずつ各教室で講義をされます。

講師には、

大学院教授、

住宅改修設計事務所長、

PTの学校の教師 などなど

他にも様々な分野の方が来ておられました。

 

 

 

 

 

 

全部で私は5講義受けたのですが、その中で一番印象深かったのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芳村幸司氏による

 

「麻痺側から考える脳血管障害片麻痺者の住宅改修のポイント」

という講義です。

はじめ、パンフレットの講義一覧を見て「片麻痺」の文字に引き付けられ、すぐに受講を決めました!^_^

というのも、一度私自身も「片麻痺に対応する住宅改修のセミナー」の講師をしたことがあります。

しかしまだまだ勉強不足ということもあり、ほかの方の考え方を聞いてみたいなと思いました。

  










講義のポイントを簡単にまとめると

① 片麻痺の方には十人十色の対応が必要

99人が同じ対応でうまくいっても残りの1人がそれで対応できるとは限らない

② 片麻痺の方には左右バランスの良い動きをしてもらうよう住環境整備が必要

①に関しては他の疾患についてもいえることですが、

特に片麻痺の方は左右のバランスが人それぞれなので(例えば100:60だったり100:30だったり)

1人ひとり訪問し、検証してその方にあった住環境整備をすることが求められています。

実際に講義の中では芳村さんが利用者さんの動きを検証しているビデオが紹介されていました。

 

 

 

②については左右の使用バランスの問題です。

片麻痺の方の動きは元気な側に過度に頼って動く傾向があり、それを健側偏重言います。

例えば段差を上がるときに元気な方に手すりがあると、手すりを力いっぱい握りしめて段を上がるということがあります。

 

 

 

 

最近の研究では麻痺はリハビリ次第である程度回復することがわかっています。

しかし逆に麻痺だからと言って使わないでいるとどんどん使えなくなっていきます。

これが人間の体のようです。不思議ですね。

 

このように健側偏重は麻痺側をさらに動けなくする原因でもあるのです

ですので健側偏重の方に少しでも麻痺側を使ってもらうような住環境整備が求められることがあります。

具体的な対応に関しては本当に人それぞれ違いますのでここでは省略いたします。

 

 

 

一日のみの参加でしたがすごく実りある日でした。

また多職種の方との横のつながりも広がった一日でした!

私も福祉住環境整備の役割があるのでこれからこの知識を役立て行きたいと思います!!

 

最後までお読みお頂きありがとうございました!

| ■山﨑 継太郎 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ecoecosozok.blog83.fc2.com/tb.php/137-498b09ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。