FC2ブログ

リプラ スタッフブログ

地域密着を大切に!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バリアフリー展に行ってきました!!

こんにちは!けあねんの山﨑です。

4/17に大阪で開催されたバリアフリー展に行ってきました!

150420_yamazaki.jpg

このイベントでは介護、福祉、医療に関わるメーカーが400社以上集まり

各ブースにてそれぞれがどんな風に社会に貢献していけるかをアピールしています

!!

例えばベッド、車いす、スロープなどです(^_^)

 

私山崎は創造工舎けあねんとして、福祉用具の販売、貸与、また福祉住宅改修を専門に動いているので

この機会に参加してきました!

 

 

↓↓いろいろなメーカーが大々的にブースを出展している様子です。

IMG_5522

IMG_5523

 

私は今年で2回目の参加でした!

 

↓↓↓去年よりも多くの情報を持って帰ろうと必死です!笑

IMG_5526

 

 

私の目的はやはり

福祉用具の新商品でした!(^_^)/~

 

朝11時過ぎに到着して夕方の4時頃まで歩き続け

クタクタになりましたが、興味のあるものはすべて見てきました!

ブースでは各メーカーがユニークな新商品を出していて

現場で待っている利用者様の役に立つために

日夜努力しているのを感じることができて感動です (ToT)

 

私自身も明日から利用者様の役に立てるように頑張っていきます!

 

けあねん 山崎でした^^

スポンサーサイト

| ■山﨑 継太郎 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/11.12 リフォーム大相談会 開催しました!!

4月11・12日に橿原TOTOショールームにて

リプラリフォーム大相談会が開催されました!

 

IMG_2620IMG_2627

 

今回の相談会のテーマは

「省エネ住宅ポイント制度・外壁屋根塗装」

です!

IMG_3397

IMG_3406

 

 

さてみなさんは「省エネ住宅ポイント制度」をご存知でしょうか??

 

 

 

 

簡単に言うと

省エネ性能に優れた建築物を増やすために

新築やリフォームを促すための国の政策です!!

この制度は昨年12月27日に閣議決定されたもので

実に予算805億円が充てられています!

 

もちろん国の制度なのでいろいろな条件があり、

リフォームの工事内容、金額の上限、申請の期間などルールがあります。

 

 

その制度のミニセミナーを、私山崎が今回の相談会で随時開催いたしました。

↓↓セミナー中の写真です

IMG_3399

 

IMG_3412

 

 

ポイントは追加の工事費に充てることができたり

商品券、地域の産品と交換することができます!

 

この制度には期限がありますので

興味がある方は早い者勝ちですよ!!!

 

 

 

 

そして

 

 

 

今回のセミナーは実は、、、

ダブルセミナーでした。

 

写真でお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。

 

 

IMG_3403

 

 

 

そうです!!

PanasonicのIH ラクッキングリルの実演セミナーでした!

 

先日この商品の研修に参加してきて感銘を受けたので、できるだけ多くの人に良さを知ってもらいたい!!

ということから、今回は鳥の塩焼きを皆さんに食べていただきました。

 

これからもラクッキングリルの良さを知ってもらうための機会を作っていきたいと思っています!

 

リプラ 山崎でした。

| ■山﨑 継太郎 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この4月新発売!Panasonic IHラクッキングリル Vシリーズ

こんにちは!リプラの山﨑です!

 

4/7に大阪門真のPanasonic社に新発売のIHクッキングヒーターの実演研修に行ってきました!

 

その名もVシリーズ!!

です

 

大きな特徴は

業界初IHグリルの大火力

 

Vシリーズのグリルはラクッキングリルという名前で

業界初!底にIHを仕込んだグリルです!!

グリル上部には遠・近赤外線の電熱線

グリル下部にはIHという構造で

最大3.7KWの力で上下でサンドするように焼くので

裏表にしっかり焼き目がつきます!

従来の製品では最大2.4KWしか出せなかったので、40%の時間短縮を可能にし、節電にも効果があります。

今回は上のIHコンロでチャーハンを、グリルでは鳥の塩焼きを自分たちで作って

頂きました!

チャーハンと鳥の塩焼きを試食するところです↓↓↓

おいしかったですーー!!^^

IMG_3389

A社、B社、Panasonic社の3社で火力、調理時間、センサーの精度などを比較したのですが、

Panasonic社で作った料理は時間がたっても冷めにくく、調理時間も圧倒的に短かったので

社員みんなで驚いていました!

3社で同じものを同じタイミングで作り始めている写真です↓↓↓

IMG_3364

 

 

 

A社とPanasonic社がどれだけ冷めているかを比較しているところです↓↓↓

Panasonicの方が倍ほど温かかったです!

IMG_3376

 

今回の研修でVシリーズの良さを実感しました!!

僕は今賃貸で一人暮らしなので、使うことはできませんが

1人でも多くの人にこの良さを伝えていきたいです!

 

それではまた次回!

リプラ 山﨑でした。

| ■山﨑 継太郎 | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福祉住宅改修~段差解消~

こんにちは!リプラの山﨑 継太郎です!

 

 

 

 

今日は介護保険のサービスを使った福祉住宅改修についてご紹介します(^^)

 

 

 

介護保険のサービスを使うことで

バリアフリー工事にかかる工事費の90%の給付を受け取ることができます。

工事費には上限があり、税込20万円までと決まっています。

また、工事内容も以下のように決まっています。

 

①手すり取り付け

②段差解消

③開き戸から引き戸への取り換え

④床材の変更(滑りにくい床へ、また車いすで移動しやすい床へなど)

⑤和式便器から洋式便器への変更

⑥①から⑤の工事に付随する工事

 

 

 

さて今回は②の段差解消についてご紹介します。

 

まず工事前の写真をご覧ください。

 

IMG_3099

IMG_3098

 

これは廊下からキッチンの間の引違い戸の写真です。

 

 

この戸の下にある敷居はなんと高さが4.5㎝もありました!!

 

段差におけるバリアフリーの基準は5㎜以下と定められているので、

この敷居はかなり危ないと言えます。

 

 

 

今回は住宅改修の申請を行って工事をさせていただきました。

工事後の写真がこちらです↓↓↓


IMG_3255

 

いかがでしょうか!段差がスッキリなくなりました!

また、この工事で扉の滑りもスムーズになって利用者様も喜んでくださいました。

 

創造工舎ではこのような福祉に関する工事やご相談も承っています。

なんでもお答えしますのでお気軽にご相談ください!

 

 

以上、リプラ山﨑でした(^^)

| ■山﨑 継太郎 | 09:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福祉住環境サミット at 大阪大学 に参加してきました!!

 

 

こんにちは!けあねんの山﨑です!

 

 

3/29福祉住環境サミットというイベントに出席してきました!以下案内です↓↓↓

 

全部で6分科会あって、それぞれが1時間ずつ各教室で講義をされます。

講師には、

大学院教授、

住宅改修設計事務所長、

PTの学校の教師 などなど

他にも様々な分野の方が来ておられました。

 

 

 

 

 

 

全部で私は5講義受けたのですが、その中で一番印象深かったのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芳村幸司氏による

 

「麻痺側から考える脳血管障害片麻痺者の住宅改修のポイント」

という講義です。

はじめ、パンフレットの講義一覧を見て「片麻痺」の文字に引き付けられ、すぐに受講を決めました!^_^

というのも、一度私自身も「片麻痺に対応する住宅改修のセミナー」の講師をしたことがあります。

しかしまだまだ勉強不足ということもあり、ほかの方の考え方を聞いてみたいなと思いました。

  










講義のポイントを簡単にまとめると

① 片麻痺の方には十人十色の対応が必要

99人が同じ対応でうまくいっても残りの1人がそれで対応できるとは限らない

② 片麻痺の方には左右バランスの良い動きをしてもらうよう住環境整備が必要

①に関しては他の疾患についてもいえることですが、

特に片麻痺の方は左右のバランスが人それぞれなので(例えば100:60だったり100:30だったり)

1人ひとり訪問し、検証してその方にあった住環境整備をすることが求められています。

実際に講義の中では芳村さんが利用者さんの動きを検証しているビデオが紹介されていました。

 

 

 

②については左右の使用バランスの問題です。

片麻痺の方の動きは元気な側に過度に頼って動く傾向があり、それを健側偏重言います。

例えば段差を上がるときに元気な方に手すりがあると、手すりを力いっぱい握りしめて段を上がるということがあります。

 

 

 

 

最近の研究では麻痺はリハビリ次第である程度回復することがわかっています。

しかし逆に麻痺だからと言って使わないでいるとどんどん使えなくなっていきます。

これが人間の体のようです。不思議ですね。

 

このように健側偏重は麻痺側をさらに動けなくする原因でもあるのです

ですので健側偏重の方に少しでも麻痺側を使ってもらうような住環境整備が求められることがあります。

具体的な対応に関しては本当に人それぞれ違いますのでここでは省略いたします。

 

 

 

一日のみの参加でしたがすごく実りある日でした。

また多職種の方との横のつながりも広がった一日でした!

私も福祉住環境整備の役割があるのでこれからこの知識を役立て行きたいと思います!!

 

最後までお読みお頂きありがとうございました!

| ■山﨑 継太郎 | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。